起こることもある | パートナーとのセックスのお供に、アスランスを使ってみよう!
手にとってみた

起こることもある

どんな医薬品にも必ず副作用は存在します。
つまりあなたもアスランスを使うことによって、副作用を感じるようなことがあるかもしれません。
もちろん正しく用法用量を守りながら飲むようにすれば副作用の心配は少なくなりますが、やはり体質などによってもその辺は左右されてしまいます。

ではアスランスの場合はどのような副作用が存在しているのか?
バイアグラと同様の有効成分が使用されていますので、その副作用はほぼ共通しています。
特に多くの人に見かけるのは、頭痛や顔の火照りになるでしょう。
他にももちろんめまいや動悸など色々な副作用の症状がすでに確認されています。

ペニスを勃起させるための薬でどうしてまったく関係ないところに副作用の症状が出てしまうのか?
それは、アスランスの基本的な効果の仕組みにあります。
ED治療薬というのはそもそも興奮作用のある薬や強制的に勃起を促すようなものではありません。
これは血流を促すために血管を拡張させる作用のみが存在します。
つまり血管は全身に流れているものですから、当然ペニスとは関係ない場所にも副作用が出てしまうということです。
特に頭については毛細血管がいっぱい詰まっていますから、その分副作用が出やすい場所だといえるでしょう。

しかし、たとえあなたに頭痛などの副作用が出たとしてもまったく心配する必要ありません。
アスランスから生じる副作用は、基本的に薬の効果が切れるタイミングで同時に消えてなくなります。
また症状の強さもかなり弱めなので、誰でも安心してアスランスを使うことができるでしょう。